スポーツカーに関する情報サイト

自動車にも様々な種類がありますが、走りを楽しむためのスポーツタイプも人気があります。
スポーツカーの中には、GTスポーツカーと呼ばれるものがありますが、一般的なスポーツカーとはどのような違いがあるのかを詳しく知らないという人もいます。
どちらもスポーツという名前がついていることもあり同じよう車と考えている人もいるかもしれません。
購入時にはそれぞれの特徴をしっかりと理解し、自分に合う車を選んでいきましょう。

GTスポーツカーとはどんな車?スポーツカーとの違いは?

GTスポーツカーとはどんな車?スポーツカーとの違いは? 自動車を購入する目的は人それぞれ違いますが、実用性だけではなく走りを楽しみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
そんな場合はスポーツカーにも注目してみましょう。
スポーツカーの中にはGTスポーツカーと呼ばれるタイプがあります。
一般的なスポーツカーとどのように違うのかも知っておきたいところですが、GTスポーツカーのGTはイタリア語のグランツーリスモから来ています。
これは、長距離のドライブを快適にできる動力性能と乗り心地の良さや運転時の疲労が少ないなどを意味しています。
一般的にスポーツカーと呼ばれる車は乗用車とレーシングカーの中間的な存在で、ドライブを趣味とした人に向いている車です。
GTスポーツカーはより見た目が乗用車的で、高速で長距離を安定して走れる車に仕上がっています。

スポーツカーとGTスポーツカーの違いとは

スポーツカーとGTスポーツカーの違いとは 日本国内に限らず、世界的にスポーツカーとGTスポーツカーの境界線が曖昧になっている傾向にあり、特に日本ではGTと付くグレードはエンジンが大きく走りを意識したグレードという認識を持っている人が多いといわれています。
実際はGTスポーツカーのGTとは、イタリア語のグランツーリスモの略量であり、このGTにカテゴライズされる車は長距離の移動を伴うドライブも快適に過ごせる高い動力性能や操作性を持っている車という意味を持ちます。
そういった意味で考えると、スポーツカーとGTスポーツカーは別のカテゴリーの車であることがわかります。
しかしヨーロッパのレースでは、安全性を高めるためにもレース専用に開発した車ではなく、市販車をベースとした高性能車を対象としたこともあり、GTという名称がレースにも対応した高性能車であり優れた車という意味に理解されています。
ではスポーツカーとは、運転をスポーツになぞらえて運転すること自体を楽しめる車という定義を持っています。
運転を楽しむためにも運動性能に重視しており、駆動方式や乗車定員、エンジンの出力なども重視します。
運動性能のためにはラゲッジスペースなども最小限に制限していることを見ても、GTとは大きな違いがあります。

スポーツカーの最新情報をもっと

GTスポーツカー 専門店